アジア生物資源環境研究センター
HOMEANESCとは研究活動共同利用研究機器研究成果
 

公開シンポジウム
京都議定書をめぐる日本の技術的対応

日時:2001年10月4日(木)14:00 - 17:30
場所:東京大学弥生講堂
主催:東京大学大学院農学生命科学研究科、大学院新領域創成科学研究科、アジア生物資源環境研究センター、財団法人農学会、社団法人家の光協会
協賛:東京電力株式会社、環境文化創造研究所、ネイチャーインターフェース、日本コンベンションサービス
後援:朝日新聞、国連大学

プログラム
14:00: 主催者あいさつ 大学院新領域創成科学研究科長 河野通方
14:10: 基調報告 ワールドウォッチ研究所長 クリストファー・フレイヴィン
15:05: 休憩
15:20: 日本のエネルギー・オプション 大学院新領域創成科学研究科教授 柳沢幸雄
16:00: CO2固定装置としての植物 アジア生物資源環境研究センター長 飯山賢治
16:40: 休憩
16:50: パネル討論  コーディネーター:大学院農学生命科学研究科長 林 良博
17:30: 終了






前のページへ戻る