アジア生物資源環境研究センター
HOMEANESCとは研究活動共同利用研究機器研究成果
 

ANESC生物資源環境学セミナー

画像をクリックするとセミナーチラシをpdfファイルでダウンロードできます

趣旨

収奪的資源利用や環境許容力を上回る経済活動、あるいは気候変動などによって生物資源生産と環境に関するさまざまな問題が生じている。生物資源環境学にはこれらの問題を解決するための方策を提示することが求められる。問題の原因は多面的であるため、研究者は自らの専門性を活かしたアプローチを取りながらも、たえず多層的視点を持って問題を俯瞰し、得られた知見を実社会に還元することができるように自らのアプローチをその中に位置づけることが必要である。本セミナーでは、生物資源と環境に関してさまざまなアプローチをもって研究に携わっている方々に研究内容をご紹介頂くことにより、参加者各人の視点の多層化を図ることを目的とする。

 

第6回セミナー

日時: 2017/2/17(金)10:00-12:00
場所: 東京大学中島董一郎記念ホール(弥生キャンパス・フードサイエンス棟)

講演者:

10:00-10:45 竹内渉氏(東京大学生産技術研究所)
「リモートセンシ ングによるインドネシアの泥炭火災観測と
炭素放出量の評価」
11:00-12:00 小松輝久氏(東京大学大気海洋研究所)
「東シナ海における流れ藻の分布、輸送、起源、生態」

 

問い合わせ先: 則定真利子

 

前のページへ戻る